2011年06月22日

現在では、7番と9番のウッドを持っている人が多いのですが11番と13番のウッドを持っている人も多いといわれているほどとっても使いやすいゴルフクラブなんだそうです。

ゴルフのフェアウェーウッドについて紹介したいと思います。

ゴルフのフェアウェーウッドというのは、普通のウッドに比べると低重心のゴルフのクラブなのですがコレは1990年代後半の流行りましたそれ以来フェアウェーウッドは今でも人気があります。

現在では、7番と9番のウッドを持っている人が多いのですが11番と13番のウッドを持っている人も多いといわれているほどとっても使いやすいゴルフクラブなんだそうです。

最近のフェアウエーウッドでは、チタンのヘッドにカーボンシャフトをつけたものが販売されていますがゴルフのシャフトの長さとクラブヘッドの重さなどのバランスを考えて作られているようです。

ゴルフのフェアウェーウッドは、昔のクラブよりも低くて、深い重心のヘッドでできているので、ゴルフボールを簡単に上がるようなゴルフクラブが作られています。

初心者にはいいのですが上級者のためには、あまりゴルフゴールが上がりすぎないような機能のゴルフのフェアウェーウッドを選ぶほうがいいかもしれません。

注意しなければいけないのは、フェースの角のフローでロフトが大きくなるために、フェース角をオープンにしていくのが正確なフローだということです。

キラメックではオリジナルデザインの風呂敷を受注から製作まで、一貫して迅速に行わせて頂きます。
ふろしき

のぼりは費用対効果に優れた広告ツールの代表格です。しかもリピート率が高く再販業者様にはうってつけの商材です。ポール、スタンドも卸価格にて販売しております。
旗 のぼり





posted by ゴルフあれこれ at 2011年06月22日 05:23 | ゴルフ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。