2011年10月31日

ゴルフのアドレスというのは、ボールをゴルフクラブで打つときの構え方のことを言います。

ゴルフのアドレスについて紹介したいと思います。

ゴルフのアドレスというのは、ボールをゴルフクラブで打つときの構え方のことを言います。 正しくアドレスをしないと思っている通りにゴルフボールをクラブで打つということができません。

ゴルフボールを打つ前に、ボールと目標に向かって線を想像してその線に対して、肩や胸、腰や両膝などが並行になるように姿勢を正します。 これがゴルフのアドレスの基本です。

このゴルフのアドレスというのはゴルフをする上での基本になってくると思います。

ゴルフのアドレスは鏡を見て練習をしたり、人に見てもらったりしながらゴルフのアドレスをチェックするのがいいと言われています。

ゴルフのアドレスの具体的な姿勢ですが、背筋は伸ばして腰は少し折って前に傾く姿勢にします。 そして両方の膝を曲げます。 これがゴルフのアドレスです。

体重はどこかに偏ることなくバランスよく重心を保ってたちましょう。 そして胸を張ってお尻を少し高めにして構えると安定したゴルフのアドレスになります。

背筋が丸くならないように注意してゴルフのアドレスをしましょう。

ゴルフのアドレスがしっかりとできていないとゴルフは上達しませんから、ゴルフのアドレスはスイングの練習よりも大切なことです。


− のぼりや、缶バッジなどノベルティ商品のサービスサイトのご紹介 −

のぼり・のぼり旗の既製品-販売【のぼり小町】
のぼり

缶バッジ作成の専門店【缶バッチ工場】
缶バッチ

横断幕,横幕の印刷・作成-横断幕工場
横断幕

旗,社旗,安全旗,応援旗.-製作と販売
社旗

横断幕など幕製品の総合サイト|【幕のベストプライス】
横断幕





posted by ゴルフあれこれ at 2011年10月31日 09:43 | ゴルフ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。